クロネコMMA図書館🐾

ミックスドマーシャルアーツ(MMA)という格闘スポーツについて、コラムや試合レビューを書いています。

【日本MMA前史】VT伝来前の近代日本「総合格闘」ルール 4つのお気に入りルールを紹介!【1986年~1994年頃】

f:id:paky21:20220219184843p:plain

『ミックスドマーシャルアーツ/MMA』が現在のようなMMA統一ルールの下で行われるようになったのが、2000年~2001年頃からになります。

MMAが形を持つ以前、1993年に『UFC/アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ』が始まることで普及した『VT/ヴァーリトゥード』という「ルール無しという名のルール」が大きな転換期となったことは広く知られています。

近代日本においては、「総合格闘技」という言葉はVTが普及する以前から用いられていました。世界中においても「MMA」という形ができる以前から、「ルールを極限まで減らした格闘」は模索し続けてられており…それぞれの分野のなかで試行錯誤を繰り返してきました。

 

近代日本における「総合格闘技」の模索は、おおまかに二つのルーツによって行われてきました。

一つは「フルコンタクト空手」、もう一つは「シュートレスリング」です。

自らの「格闘能力の全開放」と「最高峰の実践型格闘スタイル」を志した二つのルーツからは、様々な試行錯誤によって枝分かれした分派によって数多くの「総合格闘」ルールが生まれていきました。

それらは1994年の『VTJ』開催によって、VTそしてMMAという一つの形へと収束していくことになりますが…当時のルールの独自性や先見性、まだ未来が確定していないが故の自由な発想にはとても魅力を感じますね~。

今回は1994年以前に存在した総合格闘プロモーションor大会から、お気に入りの4つのルールを紹介してみます。

これらの「総合格闘」ルールは流動的に試行錯誤が繰り返され、大会ごとにすら改良が加えられている為、ひとつに絞ることは難しいのですが…特に魅力的に感じるエッセンスを採り上げています。

 

  • #1 シューティング(修斗/Shooto)
  • #2 パンクラスPancrase
  • #3 全日本格闘技選手権大会/武人杯(真武館)
  • #4 ザ・トーナメント・オブ・J(和術慧舟會
  • おわりに
続きを読む

『IMMAF(アイマフ)』2021世界選手権が開催中!日本代表の山口怜臣/ヤマグチ・レオ、2回戦で優勝候補イスキエルドと激突し、無念の敗退…!!

f:id:paky21:20220126214852p:plain

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by IMMAF (@immafed)

日本代表の山口怜臣。1回戦(エリアス・ダグル戦)の様子。

いよいよ始まったIMMAF(アイマフ、国際総合格闘技連盟)の2021年世界選手権!

2022年1月24日から1月29日までの6日間、連戦続きの過酷なアマチュアMMAトーナメントが開催されています!!

 

日本代表として金メダルを目指し参戦したのはf:id:paky21:20200508215535p:plain山口怜臣/ヤマグチ・レオ

山口はIMMAF世界選手権ジュニア部門バンタム級で二度銀メダルに輝いた選手です。

IMMAFジュニア部門バンタム級でランキング5位まで上がったものの、最後のジュニア挑戦を目指した2020年は、パンデミックによって世界選手権が中止になってしまいましたね~…(´;ω;`)

今回、山口は年齢制限を超えたジュニア部門バンタム級を離れ、シニア部門フェザー級へと階級を上げた大勝負に挑みました!!

続きを読む

【2022年】扇久保博正、朝倉海へのリベンジ達成!!!【試合の感想】

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by LegacyFightingChampionship (@legacyfighting)

www.instagram.com

 

いや~~~~~~扇久保!!!!!!!

素晴らしい勝利でしたね~~~~~~!!!!!!✨✨✨✨✨✨

朝倉も素晴らしかった…!

 

前戦の痛みを勝利への対策へと昇華し、完璧な勝利を手にした扇久保。

片脚を奪われながらも、最後の最後まで諦めない勝利への執念を魅せた朝倉。

グレートファイトへ捧げるザックリ感想です!!

 

  • ①右スラヴィックパンチ(ロシアンフック)と左スティッフジャブ(刻み突き)
  • ②右カーフキックと左リードハイキック
  • ③右アッパーへのパリー(パーリング)、エルボーブロッキング
  • おわりに

 

続きを読む