クロネコMMA図書館🐾

ミックスドマーシャルアーツ(MMA)という格闘スポーツについて、コラムや試合レビューを書いています。

『WSOF-GC Japan』海外選手紹介②!中村優作vs.ディジュリオの「国際打撃対決」!!



WSOF Global Championship -Japan 1-
開催:日本32日本(JPN) 東京都 東京ドームシティホール
日時:2016年2月7日(日)
主催:有限責任会社MMAWC WSOFグローバル部門
代表:ショーン・ライト(Shawn Wright, CEO)
└デュネッサ・ヘッサー(Dunesa Hesser, ディレクター&パートナー)


昨年にWSOF(World Series of Fighting / ワールドシリーズ・オブ・ファイティング)の親会社MMAWCであれやこれやがあって生まれたWSOF-GC(World Series of Fighting Global Championship / ワールドシリーズ・オブ・ファイティング・グローバルチャンピオンシップ)
第一回大会の中国大会(WSOF-GC -China 1-)に続いて、日本で第二回大会が開催されます。
前回のブログではメインイベントとなるヘビー級チャンピオンシップ(ユローヒュンvs.イシュトヴァン)を紹介しました!
残念ながらブログを公開した後でイシュトヴァンが膝の負傷により欠場してしまい、代役としてStrikeforceでも活躍したブランドン・キャッシュが王座をかけてユローヒュンと対戦します。
頑張って書いただけにイシュトヴァンの欠場は残念ではありますが;試合予想とはそういうものなので、時間があればキャッシュの事も紹介していきたいと思います!!

◆◆◆◆◆ WSOF-GC フライ級ワンマッチ ◆◆◆◆◆
日本32 中村優作 vs. ローレンス・ディジュリオ アメリカBIG

今回は男子フライ級!本大会もっとも勝負論のある「裏メイン」カードの両者を紹介です!

中村優作 Yusaku Nakamura
出身:日本32日本(JPN) 大阪府 大阪市
プロデビュー:'10年
階級:男子フライ級
所属:チーム・アルファメール・ジャパン(TAM JAPAN, 日本)
競技経験:日本拳法(三段) ムエタイ
スタンス:オーソドックス
主な特徴:鋭く伸びる打撃、独自のフットワーク
得意技:右ストレート、飛び膝蹴り
関連人物:橋口哲治 田中路教 石原暉仁 他


優作は幼少から日本拳法を習い、数々の優勝記録を残してきた日本拳法家です。
現在はUFCファイターの田中路教と石原暉仁と3人でチームを組み、UFC契約を目指しています。
MMAの獲得タイトルはまだありませんが、日本拳法家としての色濃い個性が突出したストライカーであり、その異質な「伸び」と「破壊力」を持った打撃は、観る者に強烈なインパクトを与えます
優作は上半身ごと思い切り振り抜く右ストレートを最大の武器とします。
上半身をスラリと伸ばした縦構えからステップ&左ジャブを細かく刻み、圧力をかけて射程距離を作るのが基本のスタイルです。
右ストレートのフェイントから顎やボディを狙う飛び膝蹴りも主武器の一つですね。
打撃特化のファイターとして寝技で光を消されるケースも多かったですが、近年はテイクダウンのディフェンスが向上し、ストライカーとして着実な進化を見せています。
昨年はVale Tudo Japan(ヴァーリトゥード・ジャパン)やTribe Tokyo Fight(トライブ・トーキョー・ファイト)で3連勝し、いよいよ今回UFCの階段への試金石となる挑戦に挑みます。


◇参考動画◇
プロ4戦目の山本篤戦。動画の30秒くらいから。
「フシュッ!!!」という爆発呼吸で繰り出す強烈な打撃は、オンリーワンの魅力ですね~!

ローレンス・ディジュリオ Lawrence Digiulio
出身:アメリカBIGアメリカ合衆国(USA) イリノイ州 シカゴ
ニックネーム:"ラリー" "Larry"
プロデビュー:'08年
階級:男子フライ級
所属:ギルバート・グラップリング・トレーニングセンター(G2, イリノイ州
競技経験:レスリング ボクシング 柔術
スタンス:オーソドックス
主な特徴:素早いカウンター、質実剛健なスタンド
得意技:左カウンタージャブ、ギロチンチョーク
獲得王座:Iowa Challenge バンタム級王座('13年、防衛0回)
| Pinnacle Combat MMA バンタム級王座('13年、防衛0回)
関連人物:ジョーイ・ギルバート ジーノ・ディジュリオ チェイス・ビービ 他


ラリー(ローレンスの愛称)・デジュリオは中西部軽量級のトップファイターです。
少年期に元UFCファイターのジョーイ・ギルバートにレスリングを師事したディジュリオは、ボクシングと柔術を習得しMMAファイターとなりました。
弟のジーノ・デジュリオも彼を追ってMMAファイターとなり、現在は中西部の兄弟ファイターとして注目されています。
ディジュリオの持ち味はガッシリとした体格と一発一発が重いパンチ力で、「打撃で攻めて寝技で斬り返す」戦法を得意とするインファイターです。
右へサークリングし距離を作りながら左ジャブをゴツゴツと当て、相手の攻撃にカウンターを合わせて得意のインファイトに持ち込みます。
打撃戦を避けてテイクダウンを狙う相手には、ギロチンチョークで斬り返します。
中西部ファイターとしては小柄ながら、ディジュリオはこの戦法でIowa Challenge(アイオワ・チャレンジ)とPinnacle Combat MMA(ピナクル・コンバットMMA)の2組織でバンタム級タイトルを獲得。
その後フライ級に転向して勝利を重ね、初のアジアンファイターとの国際戦に挑みます!


◇参考動画◇
プロ8戦目のニック・ウェイン戦。
インファイトで捉えて、サブミッションで仕留める。ディジュリオの魅力が分かる試合ですね~。

◆◆◆◆◆ 試合の展望 ◆◆◆◆◆
両者ともに新しい挑戦に挑み、勝者は実力をしっかりアピールできる今回の試合。
お互いに勝機があり、二人の新しい面が観られるかもしれない良いカードですね~!
圧力をかけて一定距離で追い込む優作と、サークリングしながらインファイトを狙うディジュリオの打撃戦になりそうです。
ポイントは優作の右ストレートとディジュリオの左カウンターが交差するであろう瞬間。
優作は右ストレートを打つ前に顔が前に出ることが多く、カナ・ハイエット戦でも危ない左を貰っていた印象です。
ディジュリオはイン&アウトがかなり激しい選手なので、両者の得意技が正面衝突する時ヒヤリとする展開が起きそうです。私はもうハラハラしています。
無論テイクダウンの攻防も視野に入っていますが、まずは激しい打撃を持つ両者がガッツリぶつかり合う所が観たいですね~!
勝敗が2016年を大きく左右するであろう、要注目の対決です!!!

◆◆◆◆◆ おまけ ◆◆◆◆◆

◇参考動画◇
優作と同じく日本拳法をルーツに持つ"自演乙"長島雄一郎が激闘!!!
スポーツチャンバラで!!!
二人は日本拳法時代からの友人(自演乙が先輩)で、上記の山本篤戦では自演乙が優作のコーナーマンを急遽引き受けてたりします。
どっちも本気ではないわけですが、間合いや踏み込み、振りには迫力がありますね~!
なんだか刀を持つと様になっているのは、流石の日本拳法経験者ということでしょうかb