🌲MMA BRANCH🌲

ミックスドマーシャルアーツ(MMA)という格闘スポーツについて、コラムや試合レビューを書いています。

アマチュアMMA統括組織「IMMAF(アイマフ)」を紹介。ミックスドマーシャルアーツを国際スポーツへ。【オリンピック】

f:id:paky21:20200811033057p:plain

 今回のコラムはIMMAF(アイマフ、国際総合格闘技連盟)について紹介します。

IMMAF出身のアマチュア選手がプロの世界でも大活躍している昨今、IMMAFは

アマチュアのミックスドマーシャルアーツ(MMA)団体として知名度が上がって来ています。

しかし、IMMAFが具体的にどんな活動をしているのか?という点については

まだまだ分からない人の方が多いのかな~と思います。

なので、IMMAFについて知っておきたいポイントを大まかにまとめてみました!

 

IMMAFジュニア部門 男子バンタム級 世界選手権 金メダリスト ムハンマド・モカエフ | (C) IMMAF

#1 IMMAFとは?

2020年現在、MMAには国際的なスポーツ統括組織が存在しません。

この為、現在のMMAは国際交流、ルールの統一、公平性と安全性の確保といった

国際スポーツとして必要な要素が非常に不安定です。

 

IMMAF(アイマフ、国際総合格闘技連盟)は各国のMMA組織が国際的に協力し合い、

MMAを国際スポーツへと成長させる事を目的に2012年に設立されました。

2018年にはライバル関係にあったWMMAA(ワンマ、世界総合格闘技協会)

と協力し、合併という形で各国のMMA組織の統括を推し進めました。

 

IMMAFは非営利団体(NPO)であり、国際スポーツ連盟として認められる為に

大きく分けて二つの活動に取り組んでいます。

 

IMMAFジュニア部門 男子バンタム級 世界選手権 銀メダリスト 山口怜臣(やまぐち れお)| (C) IMMAF

#2 IMMAFの二つの取り組み

まず一つはGAISF(ガイスフ、国際スポーツ連盟機構)に加盟するための活動です。

GAISFはIOC(アイオーシー、国際オリンピック委員会)の承認団体であり、

この連盟に加盟する事は、MMAのオリンピック出場への大きな一歩となります。

前述のWMMAAとの合併も、GAISF加盟に向けた活動の一環というわけです。

 

もう一つはWADA(ワダ、世界アンチドーピング機構)に承認されるための活動です。

WADAもIOCに代わりオリンピックのアンチドーピングを統括する団体であり、

WADAの承認を受ける事はオリンピック出場に必要不可欠だといえます。

 

IMMAFはGAISFへの加盟申請とWADAコードへの承認申請を行っていますが、

2020年8月現在、どちらからも良い返答は聞けていないのが実状です。

特にWADAはIMMAFへの返答を数ヶ月ごとに延期している状況が続いています。

IMMAFはWADAが公平性を欠くとして法的措置を取るなど、現状はなかなか厳しいです; 

 

逆の見方をすれば、

GAISFとWADAへの申請が承認されれば、MMAは国際スポーツとして認められる

という事です。

 

2020年6月にIMMAFは本部をスウェーデンからスイスのローザンヌへ移転しました。

ローザンヌはIOC本部、GAISF本部があるアマチュア国際スポーツの中心地であり、

IMMAFが申請の承認に向けて新たな一歩を踏み出した事を意味します。

2020年5月に行われたIOCへの嘆願には1万人を超える署名が集まりました。

多くの支援者・協力者の声を集めて実績を残していく事が、今後も重要になると感じます。

 

IMMAFが国際スポーツ連盟として正式に認められれば、

オリンピック種目にMMAが加わる事も現実味を増したものになるでしょう!

 

IMMAF首脳陣 前列左から3人目が ケリス・ブラウンIMMAF会長 | (C) IMMAF

#3 IMMAFの仕事と主要人物

IMMAFは各国の国内総合格闘技連盟を設立し、これを統括します。

IMMAFの主な仕事は、首脳と各国の代表者で総会を開き議決を行うことです。

 

またIMMAFアマチュアMMA統一ルールに則り、IMMAF世界選手権をはじめとする

国際規模のアマチュアMMA大会を主催・運営する事もIMMAFの大きな仕事です。

WADAのプログラムを採り入れ、公平性と安全性の確保にも努めています。

 

IMMAF最高責任者(CEO)はデンサイン・ホワイト(イギリス)です。

IMMAF会長を務めるのがケリス・ブラウン(イギリス)です。

二人は共にイギリス柔道連盟の会長を務めていた経歴を持ちます。

 

IMMAF初代会長(今は名誉会長)はアウグスト・ヴァレン(スウェーデン)です。

ヴァレンはIMMAFをスウェーデン法律の下で設立した人物です。

もう一人のIMMAF名誉会長がヴァジム・フィンケルシュタイン(ロシア)です。

フィンケルシュタインはWMMAAの代表であり、合併を経て名誉会長に就任しました。

 

IMMAF非常勤役員としてデニツァ・バッチヴァロヴァ(アメリカ)も参加しています。

バッチヴァロヴァはUFCの成長戦略の担当役職を務める人物で、IMMAFでも首脳陣と

協力して主要分野の成長戦略に携わっています。

 

日本におけるIMMAF加盟組織はJMMAF(日本総合格闘技連盟)といいます。

JMMAF会長は酒井正和(さかい まさかず)が務めています。

IMMAF選手権 会場の様子 ケージは最大で4つ設置される | (C) IMMAF

#4 IMMAFルールの特徴

IMMAFが作ったアマチュア向けMMA統一ルールについて紹介します。

プロMMA統一ルールを参考に、安全性への配慮を高めたルールになっています。

 

① 試合時間と試合場

試合時間 …3分×3ラウンド

試合場 …円形のケージ (開催場所や国によって例外あり)

※ユースA、B、Cの試合時間は若いほど短くなります。

 

② 年齢

 IMMAFは年齢によって3つの部門に分かれます。

シニア …18歳から年齢制限が無く、選手層が厚い部門

ジュニア …18~20歳に限定した若さ溢れる青年の部門

ユース …12~17歳で2歳ごとにA、B、Cの三段階に区切られる青少年の部門

シニアとジュニアの2部門では世界選手権が開催されます!

 

③ 階級

男子 …スーパーヘビー級~ストロー級 (10階級)

女子 …ライト級~アトム級 (6階級)

全部で16階級。

MMA団体の階級としては最も細分化されています。 

 

④ 服装

オープン・フィンガー・グローブ(OFG) …プロ用よりもクッションが分厚い

レガース(脛のガード) …膝より下まで、爪先と踵が出るタイプ

シャツ&パンツ …どちらも半袖のものを着用

※ヘッドギアは着用しません。

※シューズは全面禁止です。

※場合によっては膝のガードやラッシュガードの着用も許されています。

 

⑤ 反則

プロMMAの統一ルールに加えて、アマチュアMMAの4つの反則があります。

肘打ち&前腕を使った打撃 …腕を使った打撃はパンチとパウンドが基本

ヒールフック …ニーバー(膝十字)やトゥホールド等の足関節技はOK

首や頸椎を圧迫する極め技 …ネッククランクやツイスター、クルースフィックス等

頭に当てる膝蹴り …頭に当てる膝蹴りは全面禁止

①カットによる裂傷 ②頸椎や膝靭帯&半月板の損傷 に安全配慮したルールだと感じます。

 

IMMAF世界選手権(2018) 金・銀・銅メダル | (C) IMMAF

#5 IMMAF世界選手権

開催日程 …11月頃(2017~2019) 7月頃(2014~2016)

開催期間 …6~8日間

開催場所 …バーレーン王国(2017~2019) ネバダ州(2014~2016)

試合場  …円形ケージを4つ設置 (試合を同時進行)

 

IMMAF世界選手権には、各国のMMA連盟に選ばれた代表選手が出場します。

IMMAFはプロ経験のある人は出場資格が与えられない純アマチュアの世界なので、

本大会はアマチュアMMAの年間最優秀選手を決める大舞台といえます。

 

約一週間の間に全試合が行われ、シニア&ジュニアの各階級で優勝者が決まります。

選手はほぼ連日試合を行い続けるという、非常に過酷なトーナメントです。

IMMAFにとって一年で最重要の広報活動ですので、安全管理も徹底しています。

 

IMMAFはアマチュア非営利団体ですが、2019年の世界選手権シニア部門では

16階級のメダリスト達に「強化費」として賞金が授与されました。

 

あくまで特例だと思いますが、IMMAFの世界選手権に対する意気込みを感じます!

 

IMMAF世界選手権(2019) ハイライト映像(14:24からモカエフ vs. 山口)  | (C) IMMAF

#6 あとがき

IMMAFは国際的なスポーツ連盟となるべくリーダーシップを執ってきました。

GAISF、WADAの認可を受ける事はIMMAFにとって悲願ですが、その困難さを見るに

MMAというスポーツの社会的な立ち位置の厳しさ、弱さを痛感します。

 

一方でIMMAFに多くの支援者&参加者がいる事はMMAにとって明るいニュースです。

理念に賛同する人々の「加盟」があればこそ、連盟はその力を発揮できます。

IMMAFの活動が報われて欲しい…私なりにIMMAFの活動に「加盟」したい!

という気持ちを込めてコラムを書きました。

 

プロMMAの世界が国際的な統括に着手できるのは、まだまだ遠い未来に思われます。

アメリカで作られたMMA統一ルールも、まだまだ明文化の足りない未完成のルールです。

MMAが発展を続けていく為には、プロと対を成すアマチュアMMAの頂点が必要です。

 

このコラムを読んでIMMAFに興味を持ってもらえたら、とても嬉しいです✨😊✨