クロネコMMA図書館🐾

ミックスドマーシャルアーツ(MMA)という格闘スポーツについて、コラムや試合レビューを書いています。

リオン・エドワーズ 路上のロッキー

f:id:paky21:20201205153906p:plain

 

f:id:paky21:20200109200541p:plainf:id:paky21:20191230103726p:plainエドワーズ vs.f:id:paky21:20200120233119p:plainf:id:paky21:20200202234537p:plainチマエフが延期になっちゃいましたね~

来年の1月に改めて組むという話ですけれども、どうなることやら(話半分)

 

このカードはブログを書いている途中(1/3くらい書けていました)でしたけれども、残念ながら一旦寝かせるしかないな~(´;ω;`)

改めて二人のカードが組まれたら、続きを書きたいと思っています!

 

せっかくなのでエドワーズのPVを紹介しておきます

リオン・エドワーズはジャマイカ血統のイングランド人。

銃声鳴り響くジャマイカのスラム(キングストン)で生まれ、ギャングの抗争が耐えないイングランドの街(バーミンガム)で育ったという、ストリート・クライムの脅威に晒されて人生を歩んできた人です。

「ロッキー」というニックネームは、ストリートの脅威から身を守る闘いに明け暮れた青年時代のエドワーズの綽名です。

定まったルーツを持たない生粋のMMA選手であり、イングランドMMAの成長とともにストライカーから寝技も強いオールラウンダーへと成長を遂げました。

技巧派として成長を遂げる一方、デビュー初期の身体能力をフルに爆発させた伸びのある打撃を打たなくなっているのが心配の種で、今回のチマエフ戦はかつての「路上のロッキー」エドワーズの獣性が解き放たれる可能性に期待がかかる一戦でしたね~。

 

なんにせよマスヴィダルのようにストリートなキャラを売りにするというのは、ストリートの脅威からMMAによって救われたエドワーズにとって非常に嫌だろうなぁと感じますね~

エドワーズは生まれた時からギャング&ストリートの世界を生き抜いてきた人であり…それを殊更に売りにしない所がこの人のカッコよさだな~と思います

今後はエンデバーにソッチ方面で売り出されてしまうかもしれませんけれどもね~💦

 

改めてエドワーズ vs. チマエフのカードが組まれて欲しいな~~~

 


エドワーズがよく使用する入場曲。「グラインディング・オール・マイ・ライフ」

作者のハッスルさんもギャング出身の方でしたが、一昨年に銃撃を受け亡くなられています…;

人生を懸けてグラインディング(練磨)してきたエドワーズの牙が王座に突き立てられる日は、果たして訪れるのでしょうか。