クロネコMMA図書館🐾

ミックスドマーシャルアーツ(MMA)という格闘スポーツについて、コラムや試合レビューを書いています。

【日本MMA】『Rising On(ライジングオン) / Power Gate(パワーゲート)』歴代王座一覧【王者】

Rising On Fighting Championship

別称 ライジングオン、ROFC

開催国 f:id:paky21:20200508215535p:plain  日本

所有者 f:id:paky21:20191212124105p:plain 田邊敦史(ROFC実行委員会 代表)

初開催 2009年12月29日

最終日 2015年12月20日

階級  MMA統一ルールに準拠

ルール MMA統一ルールに準拠

試合場 ケージ(8角形)

 

階級と歴代王座(lb、kg)

 

Rising On Fighting Championship (ROFC)王座

ROFCウェルター級(177lbs、77.1kg) 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain1] f:id:paky21:20191212124105p:plain田中宏樹

Hiroki Tanaka "Good Man Tanaka" たなか ひろき(グッドマン田中)

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 京都府

戴冠 『Rising On 3』 〇 f:id:paky21:20191212124047p:plainリアンドロ・クサノ 判定3-0

※沖縄の格闘プロモーション『Tenakaichi』との対抗戦として行われた。*1

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain2] f:id:paky21:20191212124105p:plain長岡弘樹

Hiroki Nagaoka ながおか ひろき

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 東京都

戴冠 『Rising On 4』 〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain田中宏樹(グッドマン田中) 判定3-0

※王座を返上し空位となる

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain3] f:id:paky21:20191212124105p:plain山口僚

Ryo Yamaguchi "Maximum the Ryo-kun" やまぐち りょう(マキシマムザ僚君)

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 大阪府

戴冠 『Rising On 10』 〇 岩本亮紀 判定2-0

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain4] f:id:paky21:20191212124105p:plain鈴木智也

Tomoya Suzuki "Russian Suzuki / Suzuki Dojo-cho" すずき ともや(ロシアン鈴木 / 鈴木道場長)

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 大阪府

戴冠 『Rising On 12』 〇 山口僚(マキシマムザ僚君) 判定2-1

 

ROFCライト級  (155lbs、70.3kg) 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain1] f:id:paky21:20191212124105p:plain柴博

Hiroshi Shiba しば ひろし

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 京都府

戴冠 Power Gateの休止に伴い、ROFCライト級初代王座に認定。

防衛1 『Rising On 2』 △ f:id:paky21:20191212124047p:plainハイラン・ニシムラ 引き分け

※王座を返上し空位となる

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain2] f:id:paky21:20191212124105p:plain草野太郎

Taro Kusano "Gypsy Taro" くさの たろう(ジプシータロー)

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 大阪府

戴冠  『Rising On 5』  〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain作田啓司(咲田ケイジ) 判定2-1

防衛1 『Rising On 10』 △ f:id:paky21:20191212124105p:plain平石寿樹(寿丸)    引き分け

※王座を返上し空位となる

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain3] f:id:paky21:20191212124105p:plain星子祐介

Yusuke Hoshiko "Study" ほしこ ゆうすけ(星子”STUDY”祐介)

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 熊本県

戴冠 『Rising On 九州』 〇 大脇貴洋(HIBIKI) 判定3-0

※王座を返上し空位となる

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain4] f:id:paky21:20191212124105p:plain森田晋源

Shingen Morita "Spooky" もりた しんげん

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 大阪府

戴冠 『Rising On 13』 〇 吉田祐輔(吉田☆16号) 判定2-1

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain5] f:id:paky21:20191212124105p:plain川口雄太朗

Yutaro Kawaguchi かわぐち ゆうたろう

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 広島県

戴冠 『ROFC 14』 〇 森田晋源(王者) 判定3-0

 

ROFCフェザー級 (145lbs、65.8kg) 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain1] f:id:paky21:20191212124105p:plain尾崎大海

Daikai Ozaki おざき だいかい

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 鳥取県

戴冠 Power Gateの休止に伴い、ROFCフェザー級初代王座に認定。

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain2] f:id:paky21:20191212124105p:plain金山康宏

Yasuhiro Kanayama かなやま やすひろ

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 京都府

戴冠 『Rising On 2』 〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain尾崎大海(王者) SUB(裸絞め)

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain3] f:id:paky21:20200206233926p:plainキム・スチョル

Soo-Chul Kim 김수철

出身国 f:id:paky21:20200206233926p:plain韓国 原州(ウォンジュ)市

戴冠 『Rising On 3』 〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain金山康宏(王者) SUB(アームバー)

※王座を返上し空位となる

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain4] f:id:paky21:20191212124105p:plain金山康宏

Yasuhiro Kanayama かなやま やすひろ

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 京都府

戴冠 『Rising On 10』 △ 竹縄 ”狂犬” 元博 引き分け(マスト判定2-1)

※王座を返上し空位となる

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain5] f:id:paky21:20191212124105p:plain藤田宗弘

Munehiro Fujita "MIKE" ふじた むねひろ

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 奈良県

戴冠 『Rising On 12』 〇 外村雄人(金太郎) SUB(裸絞め)

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain6] f:id:paky21:20191212124105p:plain土肥潤

Jun Doi "Seitei" どいじゅん(土肥”聖帝”潤)

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 京都府

戴冠 『ROFC 15』 〇 藤田宗弘(MIKE、王者) 判定3-0

 

ROFCバンタム級 (135lbs、61.2kg) 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain1] f:id:paky21:20191212124105p:plain藤原大地

Daichi Fujiwara ふじわら だいち

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 大阪府

戴冠 『Rising On 10』 〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain児玉卓也(Dr.takuya) TKO(腕の負傷)

    ※バンタム級トーナメントに優勝して初代王座に認定

 

ROFCフライ級  (125lbs、56.7kg) 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain1] f:id:paky21:20191212124105p:plain伊是名秀宣

Hidenobu Izena いぜな ひでのぶ

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 大阪府

戴冠  『Rizing On 7』  〇 上田吉輝 SUB(キムラロック)

     ※フライ級トーナメントに優勝して初代王座に認定

防衛1 『Rising On 11』 〇 谷口友康 SUB(裸絞め)

防衛2 『Rising On 13』 〇 小野勇也 TKO(パウンド連打)

防衛3 『ROFC 14』   〇 松浪孝芳 SUB(アームバー)

 

Power Gate 王座(カイザー・グランプリ王座)

※Rising Onの前身となるプロモーション。2階級の王者がROFC初代王座へ以降した。

Power Gate

別称 パワーゲート、PG

開催国 f:id:paky21:20191212124105p:plain  日本

所有者 f:id:paky21:20191212124105p:plain 田邊敦史(株式会社 VERSUS 代表)

初開催 2005年6月19日

最終日 2009年9月23日

階級  3階級でPower Gate王座(カイザー・グランプリ王座)を認定

ルール 3分×3ラウンド パウンド禁止 シューズの着用を許可

    2008年11月からPGクラッシュルール(パウンドを許可)

              PGスラッシュルール(パウンドを禁止)

              PGストライクルール(打撃ルール)  を採用

試合場 リング(4角形 または 6角形)

 

Power Gate ミドル級 (163lbs、83kg) 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain1] f:id:paky21:20191212124105p:plain坂井圭介

Keisuke Sakai さかい けいすけ

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 広島県

戴冠  『Power Gate -カイザー・グランプリ ’08 2nd-』 〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain田中宏樹(グッドマン田中) 判定3-0

    ※ミドル級トーナメントに優勝して初代王座(カイザー)に認定

防衛1 『Power Gate -カイザー・グランプリ ダブル・タイトルマッチ-』 〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain中村勇太 TKO(左腕の負傷)

※Power Gateの休止に伴い、王座の返上が行われ停止。

 

Power Gate ライト級 (154.3lbs、70kg)

[f:id:paky21:20210123001807p:plain1] f:id:paky21:20191212124105p:plain山崎善太

Zenta Yamazaki "Big John Zenta" やまざき ぜんた(ビッグ・ジョン・ゼンタ)

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 大阪府

戴冠 『Power Gate -カイザー・グランプリ ’08 ファイナル-』 〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain岸本秀輝 KO

    ※ライト級トーナメントに優勝して初代王座(カイザー)に認定

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain2] f:id:paky21:20191212124105p:plain柴博

Hiroshi Shiba しば ひろし

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 京都府

戴冠 『PowerStyle -presents PowerGate-』 〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain山崎善太 SUB(裸絞め)

※Power Gateの休止に伴い、ROFCライト級初代王座に認定。

 

Power Gate フェザー級(143.3lbs、65kg)

[f:id:paky21:20210123001807p:plain1] f:id:paky21:20191212124105p:plain尾崎大海

Daikai Ozaki おざき だいかい

出身国 f:id:paky21:20191212124105p:plain日本 鳥取県

戴冠  『Power Gate -カイザー・グランプリ ’07 ファイナル-』 〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain上畑哲夫 判定2-1

    ※フェザー級トーナメントに優勝して初代王座(カイザー)に認定

防衛1 『Power Gate -メモリアル-』  〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain大野 ”虎眼” 賢良 判定2-1

防衛2 『Power Gate -カイザー・グランプリ ダブル・タイトルマッチ-』 △ 赤澤誠 引き分け

防衛3 『Power Gate -Survive !-』  〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain高坂勇輝 SUB(ギロチンチョーク)

防衛4 『Power Gate -Octave-』     〇 f:id:paky21:20191212124105p:plain金山康宏 SUB(ギロチンチョーク)

※Power Gateの休止に伴い、ROFCフェザー級初代王座に認定。

 

過去の Power Gate / ROFC 大会一覧

2005年

Power Gate 1 -名もなき者たちの逆襲- 6月19日(日) 大阪府 フラミンゴ・ジ・アルーシャ

 

Power Gate 2  -魂の雄叫び- 8月27日(土) 大阪府 フラミンゴ・ジ・アルーシャ

 

Power Gate 3 -闘神降臨- 10月30日(日) 大阪府 フラミンゴ・ジ・アルーシャ

 

Power Gate 4 -Tour in Taisho Azeria- 12月10日(土) 大阪府 アゼリア大正ホール

 

2006年

Power Gate 5 -Tour in Black Chamber- 1月29日(日) 大阪府 Black Chamber(クリエイティブセンター大阪)

 

Power Gate 6 -Tour in Shushinkan Breweries Hall- 3月5日(日) 兵庫県 神戸酒心館ホール

 

Power Gate 7 -Tour in Community Plaza Hirano- 5月7日(日) 大阪府 コミュニティプラザ平野

 

Power Gate 8 -格闘祇園祭- 6月25日(日) 京都府 び・ぜん・ぎゃるり(京都FANJ

 

Power Gate 9 -格闘祇園祭- 7月23日(日) 兵庫県 SITE-KOBE

 

Power Gate 10 -ヘキサゴンリング- 9月10日(日) 京都府 KBSホール

 

Power Gate 11 -帰還- 10月29日(日) 大阪府 フラミンゴ・ジ・アルーシャ

 

Power Gate 12 -バーニングクリスマス- 12月17日(日) 大阪府 フラミンゴ・ジ・アルーシャ

 

2007年

Power Gate 13 -ネクストゲート- 2月18日(日) 大阪府 フラミンゴ・ジ・アルーシャ

 

Power Gate 14 -カイザー・グランプリ ’07- 4月8日(日) 大阪府 大阪市中央公会堂

Power Gateフェザー級(-65kg)初代王座決定トーナメント1回戦

×広斗    vs. 尾崎大海〇

×大野賢良  vs. 山崎善太〇

〇藤原康平 vs. 三戸手克次×

×釜谷真   vs. 手塚基伸〇

〇上畑哲夫 vs. 川越和人×

×泉谷剛   vs. 田辺宗右〇

〇高坂勇輝 vs. 大石元輝×

〇木部亮  vs. ナガシゲ×

 

Power Gate 15 -カイザー・グランプリ ’07 2nd- 6月17日(日) 京都府 KBSホール

Power Gateフェザー級(-65kg)初代王座決定トーナメント準々決勝

〇藤原康平 vs. 木部亮×

×山崎善太  vs. 尾崎大海〇

〇田辺宗右 vs. 手塚基伸×

〇上畑哲夫 vs. 高坂勇輝×

 

Power Gate -カイザー・グランプリ ’07 ファイナル- 8月25日(土) 大阪府 Zepp Osaka

Power Gateフェザー級(-65kg)初代王座決定トーナメント準決勝

×藤原康平  vs. 尾崎大海〇

〇上畑哲夫 vs. 田辺宗右×

Power Gateフェザー級(-65kg)初代王座決定トーナメント決勝

〇尾崎大海 vs. 上畑哲夫×

 

Power Gate -エヴォリューション- 10月28日(日) 大阪府 Zepp Osaka

 

Power Gate -メモリアル- 12月16日(日) 京都府 KBSホール

Power Gateフェザー級(-65kg)チャンピオンシップ

△尾崎大海(王者) vs. 大野 ”虎眼” 賢良△

 

2008年

Power Gate -カイザー・グランプリ ’08- 2月3日(日) 京都府 KBSホール

Power Gateライト級(-70kg)初代王座決定トーナメント準々決勝

〇岸本秀輝 vs. 川越和人×

×鬼頭潤   vs. 梅園文平〇

〇山崎善太 vs. 川野政文×

〇星子裕介 vs. 須田智行×

Power Gateミドル級(-83kg)初代王座決定トーナメント準決勝

田中宏樹(グッドマン田中) vs. 小林豊×

〇坂井圭介          vs.  豊田 ”パンサー” 貴士×

 

Power Gate -カイザー・グランプリ ’08 2nd- 4月13日(日) 京都府 KBSホール

Power Gateミドル級(-83kg)初代王座決定トーナメント決勝

×田中宏樹(グッドマン田中) vs. 坂井圭介〇

Power Gateライト級(-70kg)初代王座決定トーナメント準決勝

〇岸本秀輝 vs. 星子裕介×

〇山崎善太 vs. 梅園文平×

 

Power Gate -カイザー・グランプリ ’08 ファイナル- 6月22日(日) 京都府 KBSホール

Power Gateライト級(-70kg)初代王座決定トーナメント決勝

×岸本秀輝 vs. 山崎善太〇

 

Power Gate -2days Daybrake Ⅰ- 8月10日(日) 京都府 KBSホール

 

Power Gate -2days Daybrake Ⅱ- 8月17日(日) 大阪府 アゼリア大正ホール

 

Power Gate -カイザー・グランプリ ダブル・タイトルマッチ-  9月28日(日) 広島県 ビッグ・ローズ(ふくやま産業交流館)

Power Gateミドル級(-83kg)チャンピオンシップ

〇坂井圭介(王者) vs. 中村勇太×

Power Gateフェザー級(-65kg)チャンピオンシップ

△尾崎大海(王者) vs. 赤澤誠△

 

Power Gate -Paradigm Shift- 11月1日(日) 大阪府 阿倍野区民センター 大ホール

※PGクラッシュルール(パウンドを許可)が初採用された。

 

Power Gate -Survive !- 12月7日(日) 大阪府 阿倍野区民センター 大ホール

Power Gateフェザー級(-65kg)チャンピオンシップ

〇尾崎大海(王者) vs. 高坂勇輝×

 

2009年

Power Gate -Overcoming vol.1 Power Gate Crash- 2月1日(日) 大阪府 世界館

※PGクラッシュルール(パウンドを許可)が全面採用された。

 

Power Gate -Overcoming vol.2 Hiroshima Night Fight- 2月11日(水) 広島県 広島産業会館

 

Power Gate Wakayama -"Slash"- 3月8日(日) 和歌山県 PREGO -Night Rush-

 

Power Gate -Octave- 4月19日(日) 大阪府 大阪国際交流センター

Power Gateフェザー級(-65kg)チャンピオンシップ

〇尾崎大海(王者) vs. 金山康宏×

 

PowerStyle -presents PowerGate- 6月28日(日) 大阪府 大阪国際交流センター

Power Gateライト級(-70kg)チャンピオンシップ

×山崎善太(王者) vs. 柴博〇

 

Power Gate -ネクスト・ジェネレーション- 9月23日(水) 大阪府 アプラホール(たかいし市民会館)

※「Power Gate」が活動を休止し、「Rising On」として再スタートした。

8角形ケージを採用。Power Gate王者(カイザー)はROFC初代王座に認定。

 

Risng On 1 -始動- 12月29日(火) 大阪府 アプラホール(たかいし市民会館)

 

2010年

Risng On 2 -神風- 4月11日(日) 大阪府 アプラホール(たかいし市民会館)

ROFCフェザー級チャンピオンシップ

×尾崎大海(王者) vs. 金山康宏〇 

ROFCライト級チャンピオンシップ

△柴博(王者) vs. ハイラン・ニシムラ△

 

Risng On 3 -躍動- 8月8日(日) 大阪府 アプラホール(たかいし市民会館)

ROFCフェザー級チャンピオンシップ

×金山康宏(王者) vs. キム・スチョル〇

ROFCウェルター級チャンピオンシップ

田中宏樹(グッドマン田中) vs.  リアンドロ・クサノ

ROFCライト級 次期挑戦者決定戦

鈴木智也(ロシアン鈴木) vs. 啓収×

 

Risng On 4 -Return to the "Power gate Spirit"- 11月21日(火) 大阪府 天王寺区民センター

ROFCウェルター級チャンピオンシップ

×田中宏樹(グッドマン田中、王者) vs.  長岡弘樹

 

2011年 

Risng On 5 2月5日(土) 大阪府 浪速区民センター

ROFCライト級チャンピオンシップ

〇草野太郎(ジプシータロー) vs. 作田啓司×

ROFCフライ級 初代王座決定トーナメント準々決勝

×青池真一郎 vs. 上田吉輝〇

〇谷口友康   vs. 岩田大介

×三谷敏生    vs. 伊是名秀宣〇

×藤原直也    vs. 渡辺勝太(タップ☆メン)〇

 

Risng On 6 4月3日(日) 大阪府 浪速区民センター

ROFCフライ級 初代王座決定トーナメント準決勝

〇伊是名秀宣 vs. 渡辺勝太(タップ☆メン)×

×谷口友康   vs. 上田吉輝〇

 

Risng On 7 月29日(日) 大阪府 浪速区民センター

ROFCフライ級 初代王座決定トーナメント決勝

〇伊是名秀宣 vs. 上田吉輝×

 

Risng On 8 7月31日(日) 大阪府 浪速区民センター

ROFCバンタム級 初代王座決定トーナメント準々決勝

〇藤原大地          vs. 塚潤基×

〇魚井守           vs. 小野雷也×

〇WAKATSU       vs. 渡辺勝太(タップ☆メン)×

〇児玉卓也(Dr.takuya) vs. 小林貴公×

ROFCフェザー級 次期挑戦者決定戦

〇金山康宏 vs. 小笠原均×

 

Risng On 9 10月9日(日) 大阪府 浪速区民センター

ROFCバンタム級 初代王座決定トーナメント準決勝

〇藤原大地 vs. WAKATSU×

△魚井守  vs. 児玉卓也(Dr.takuya)△*2

 

Risng On 10 12月18日(日) 大阪府 浪速区民センター

ROFCバンタム級 初代王座決定トーナメント決勝

〇藤原大地 vs. 児玉卓也(Dr.takuya)×

ROFCフェザー級チャンピオンシップ

△金山康宏 vs. 竹縄 ”狂犬” 元博△*3

ROFCライト級チャンピオンシップ

△草野太郎(ジプシータロー、王者) vs. 平石寿樹(寿丸)△

ROFCウェルター級チャンピオンシップ

×岩本亮紀 vs. 山口僚(マキシマムザ僚君)〇

 

2012年

Risng On 11 -Road to Champion- 3月17日(土) 大阪府 アゼリア大正ホール

ROFCフライ級チャンピオンシップ

〇伊是名秀宣(王者) vs. 谷口友康×

 

Risng On 九州 5月20日(日) 熊本県 多良木町民体育館

ROFCライト級チャンピオンシップ

〇星子祐介 vs. 大脇貴洋(HIBIKI)×

 

Risng on 12 -The Moment of the Moment- 月17日(日) 大阪府 アゼリア大正ホール

ROFCウェルター級チャンピオンシップ

×山口僚(マキシマムザ僚君、王者) vs. 鈴木智也(ロシアン鈴木)〇

ROFCフェザー級チャンピオンシップ

×外村雄人(金太郎) vs. 藤田宗弘(MIKE)〇

 

Risng on 13 -Change for Change- 9月23日(日) 大阪府 アゼリア大正ホール

ROFCフライ級チャンピオンシップ

〇伊是名秀宣(王者) vs. 小野勇也×

ROFCライト級チャンピオンシップ

〇森田晋源 vs. 吉田祐輔(吉田☆16号)×

 

2013年 

ROFC 14 -歴史を刻めFUJIWARAメモリアル- 4月6日(土) 大阪府 東成区民センター

ROFCフライ級チャンピオンシップ

〇伊是名秀宣(王者) vs. 松浪孝芳×

ROFCライト級チャンピオンシップ

×森田晋源(王者) vs. 川口雄太朗〇

 

ROFC 15 -原点回帰- 10月6日(日) 大阪府 IKCコロシアム(若獅子会館)

ROFCフェザー級チャンピオンシップ

×藤田宗弘(MIKE、王者) vs. 土肥潤〇

 

2014年

2015年 

ROFC 16 -Bayside Rising Sun 伊是名秀宣 引退試合- 12月20日(日) 大阪府 Black Chamber(クリエイティブセンター大阪)

 

2021年8月20日 作成 

 

----

アメリカ、カリブ海諸島

南アメリカ

ヨーロッパ

ロシア、カフカス中央アジア

アジア太平洋

アフリカ

 

階級と歴代王座(lb、kg)

〇〇級(lb、kg)

 

[f:id:paky21:20210123001807p:plain番号] 名前

NAME ""

出身国

戴冠 『大会名』 〇 対戦相手

防衛1 『大会名』 〇 対戦相手

防衛2 『大会名』 〇 対戦相手

※王座を返上し空位となる

 

 

*1:『Tenakaichi』MMAライト級1位であったクサノが王座決定戦に出場。

*2:引き分けの後、児玉がジャッジ2名の支持を受けて決勝戦に進出。

*3:引き分けの後、金山がマスト判定2-1で王座に認定