クロネコMMA図書館🐾

ミックスドマーシャルアーツ(MMA)という格闘スポーツについて、コラムや試合レビューを書いています。

MMA入場曲ぶらり旅#3 リョート・マチダの『Bleed It Out』と…「町田一族の闘いの歌」こと『男一途』

リョート・マチダ ハイライト動画 | ©UFC, K-1 HERO's, etc

動画冒頭のランディ・クートゥアをKOしたフェイントからの飛び前蹴りは「クレーンキック(鶴の蹴り)」と呼ばれ、リョート・マチダの最も象徴的なKOシーンとして知られています!

 

リョート・マチダ"ザ・ドラゴン"の異名をとり、2009年にUFCライトヘビー級王者に輝いた日系ブラジル人MMA選手です。

日本名を町田龍太/マチダ・リョウトといい、1968年にブラジルの日系開拓地トメアスへ渡った日本人空手家、町田嘉三/マチダ・ヨシゾウさんをお父さんに持ちます。

リョートは父、嘉三さんがブラジルにて興した「町田道場」にて松濤館(しょうとうかん)空手を習得、空手をルーツとした唯一無二のMMAストライカーへと成長します。

2007年からUFCに参戦したリョートは、わずか2年で世界最高峰UFCの頂点の座を獲得するという歴史的快挙を達成しました。

リョートはMMAにおける空手の強さを証明した偉大なレジェンド選手です!

 

そんなリョート・マチダUFC全盛時代の入場は、空手着を纏い颯爽とオクタゴンへと向かう、UFCの歴史においてもトップクラスに印象的な入場でした。

入場曲も日系選手らしい「和」と「洋」2つの入場曲を組み合わせるという、非常にカッコいいものでした!🐉

今回は、そんなリョートの2つの入場曲についてのぶらり話です✨

 

  • # リョートを象徴する入場曲…『Bleed It Out/ブリード・イット・アウト』
  • # もう一つの入場曲・・・「町田一族の闘いの歌」こと『男一途/おとこ いちず』
  • # おわりに
続きを読む

UFCアジア登竜門『Road to UFC Singapore』特集! #1.UFCアジアの総本山、中国のエントリー10選手を紹介!【UFC的精英之路!】

2022年6月11日(土・現地)、東南アジア初のUFCナンバーシリーズUFC 275 -グロヴェル・テイシェイラ vs. イジー・プロハースカ-』シンガポール・インドア・スタジアムにて開催されます!

そのビッグイベントに先立ち、6月9日(木)と10日(金)に東アジア&東南アジア選手たちの為のUFC登竜門トーナメント『Road to UFC Singapore/ロード・トゥ・UFC:シンガポールを同地で開催することも併せて発表されました!!

 

ライト級からフライ級までの4階級、それぞれ8名の選手がトーナメントに参加し、優勝とUFC契約を目指して鎬を削ることになります。

UFCは2019年のパンデミック以前から「アジア版コンテンダーシリーズ」の開催を予告していましたが、遂にその計画が動き出したということになります!

 

対戦カードの発表はされていませんが、エントリーする選手たちは既に発表されています。

中国10名

韓国7名

日本7名

インドネシア4名

インド2名

フィリピン1名

タイ1名

合計32名が7ヶ国から集い、まずはベスト8入りを懸けたサバイバルマッチが行われます!

 

今回は最もエントリー選手の多い中国MMA選手たち10名を紹介していきます!

UFCが市場拡大と選手の育成を進める中国は、漢族を中心に数十の民族が集う多民族国家です。

 

UFC初の中国人選手张铁泉/ジャン・ティエチャン内モンゴル自治区出身のモンゴル族でしたね。

他にも、居马别克・吐尔逊/ジュマベック・トルスン新疆ウイグル自治区出身のカザフ族でした。

本トーナメントにエントリーした選手たちも多数の民族から選ばれており、彼らは中国という国の代表であると共に、各々のルーツである民族を代表する選手でもあります!

 

UFCのアジア総本山として急速な進化を続ける中国MMAにおいて、潜在能力を開花させる新たなプロスペクトが現れるのか、注目ですね~。

カードも決まる前で欠場者も出るかもなのでチョット気が早いのですけれども💦

気になる中国選手たちを紹介していきます~ノシ

 

目次

  • ライト級(155lbs、70.3kg)
    • #1 艾力・木拉特别克/アイリ・ムラトベック
    • #2 阿斯克尔拜・金恩斯别克/アスクルイ・ジンウンスベック
    • #3 巴拉金/バラジン
  • フェザー級(145lbs、65.8kg)
    • #4 益扎/イー・ジャー
    • #5 吕凯/リウ・カイ
    • #6 谢彬/シエ・ビン
  • バンタム級(135lbs、61.2kg)
    • #7 乌力吉布仁/ウリジブーレン
    • #8 肖龙/シャオ・ロン
    • #9 克热木艾力・买买提托合提/クルムアイリ・マイマイティトフティ
  • フライ級(125lbs、56.7kg)
    • #10 求伦/チウ・ルン
  • おわりに
続きを読む

【米国メジャーMMA】『PFL/プロフェッショナル・ファイターズ・リーグ』特集! システムとルールを紹介!【Win or Go Home!!】

『Win or Go Home./勝つか、敗れ去るか。』(『PFL プレーオフ』公式キャッチコピー)

 

今年も『PFL/プロフェッショナル・ファイターズ・リーグ』のシーズンが到来しましたね~!

2018年に始動し、今年は通算で4シーズン目となる『シーズン2022』

本大会も世界各国から6階級それぞれに、個性と実力を兼ね備えた10名の選手たちがエントリーしています!

 

『PFLチャレンジャー・シリーズ/PFL challenger Series』の開催により、更に国際色煌びやか、かつ群雄割拠を増した感のある今シーズン。

『WSOF』時代から数えて10周年を迎えるPFL。円熟している今だからこそ、その歩みを改めて振り返りたくなりました。

今回は『PFL』のシステムやルールについて、簡単に概要をまとめてみました

新しく『PFL』を観てみたい!という方も、ぜひ一読して頂けると嬉しいです~ノシ✨

 

目次

  • #1 PFLにおける『シーズンのシステムとルール』
    • ①シーズンの概要
    • ②主な試合ルールの特徴
  • #2 PFLにおける『レギュラーシーズン/シード枠決定戦』
    • ①レギュラーシーズンの概要
    • ②勝ち点の配分方法
    • ③順位のタイブレーカー/同率順位者が多くなった場合のシード枠の決定方法
  • #3 PFLにおける『プレーオフ/トーナメント準決勝』
  • #4 PFLにおける『チャンピオンシップ/王者決定戦』
    • ①チャンピオンシップの概要
  • #5 PFLシーズン2022 エントリー選手一覧
  • #6 おわりに
続きを読む