クロネコMMA図書館🐾

ミックスドマーシャルアーツ(MMA)という格闘スポーツについて、コラムや試合レビューを書いています。

MMA入場曲ぶらり旅#3 リョート・マチダの『Bleed It Out』と…「町田一族の闘いの歌」こと『男一途』

リョート・マチダ ハイライト動画 | ©UFC, K-1 HERO's, etc

動画冒頭のランディ・クートゥアをKOしたフェイントからの飛び前蹴りは「クレーンキック(鶴の蹴り)」と呼ばれ、リョート・マチダの最も象徴的なKOシーンとして知られています!

 

リョート・マチダ"ザ・ドラゴン"の異名をとり、2009年にUFCライトヘビー級王者に輝いた日系ブラジル人MMA選手です。

日本名を町田龍太/マチダ・リョウトといい、1968年にブラジルの日系開拓地トメアスへ渡った日本人空手家、町田嘉三/マチダ・ヨシゾウさんをお父さんに持ちます。

リョートは父、嘉三さんがブラジルにて興した「町田道場」にて松濤館(しょうとうかん)空手を習得、空手をルーツとした唯一無二のMMAストライカーへと成長します。

2007年からUFCに参戦したリョートは、わずか2年で世界最高峰UFCの頂点の座を獲得するという歴史的快挙を達成しました。

リョートはMMAにおける空手の強さを証明した偉大なレジェンド選手です!

 

そんなリョート・マチダUFC全盛時代の入場は、空手着を纏い颯爽とオクタゴンへと向かう、UFCの歴史においてもトップクラスに印象的な入場でした。

入場曲も日系選手らしい「和」と「洋」2つの入場曲を組み合わせるという、非常にカッコいいものでした!🐉

今回は、そんなリョートの2つの入場曲についてのぶらり話です✨

 

 

# リョートを象徴する入場曲…『Bleed It Out/ブリード・イット・アウト』

 

リンキン・パークの3枚目のアルバムに収録された作品です。

本作はツインボーカルで歌われ、冒頭からマイク・シノダが軽快なラップで盛り上げ、サビでメインボーカルのチェスター・ベニントンが熱い歌声を爆発させます。ノンストップで迫り来るサウンドが気持ちを高揚させてくれますね~!

歌詞には「I bleed it out/血を流す」という言葉が何度もサビで繰り返され、他にも「Hand grenade/手りゅう弾」や「the Trench/塹壕」といった戦争を想起させるワードが盛り込まれているのが印象的です。本作のアルバムには『Hands Held High/ハンズ・ヘルド・ハイ』に代表されるように政治内容をテーマとしている作品が多く、本作にもその一環としてのテーマを感じられる要素がありますね~。

※『Bleed It Out』 ミュージックビデオ | ©Linkin Park

『Bleed It Out』のMVは、一見すると普通のライブシーンのようでありながら、よく見るとリンキンパークのメンバー達以外の人々が逆再生している、という面白い演出がされています(笑)

 

『Breed it Out』はMMAにおけるリョートを象徴する入場曲であり、先日の『Bellator 281』においてもリョートの入場曲として起用されていました!!

 

# もう一つの入場曲・・・「町田一族の闘いの歌」こと『男一途/おとこ いちず』

リョートが全盛期であったUFCにおいては、『Breed It Out』が流れる前の冒頭にとある日本語の歌が流れていました。

その滔々と流れる日本語の歌は「和」を感じさせるリョートのイメージぴったりで、その後に「洋」を感じさせる『Bleed It Out』へ繋がるのが非常にカッコよかったですね~!

その歌はリョートのお父さん町田嘉三さんによって歌われていて、海外のMMAサイトでは『Machida Family War Song/町田一族の闘いの歌』という風に紹介されることもありました。

※『UFC 129』会場撮影 リョート・マチダの入場シーン | ©UFC 2011

ランディ・クートゥア戦での入場。冒頭に件の「日本語の歌」が流れていますね~!

日の丸を背にした漢字の『龍』が英語の『The Dragon』へと変わる演出は、今観てもめちゃくちゃリョートの雰囲気に合っていてカッコイイですね~🥰(粋だな~!)

 

突きと 蹴りとは 空手の技よ

妙(みょう)は 虚実の 間(かん)にあり

五条の訓(おし)えは 道一筋に

励む 男児(おのこ)の 心意気

押忍 押忍 押忍…

 

父、嘉三さんの落ち着いた声で滔々と歌われる「和」を感じさせるこの歌。

この歌は、松濤館空手の空手協会の歌である『男一途/おとこ いちず』といいます。

※『男一途』 歌:峰岸夏子 | ©峰岸夏子

こちらは松濤館空手のメルボルン道場長を務める峰岸夏子さんによる『男一途』!

峰岸さんは空手家とソプラノ歌手を兼業されている方ですね~。

ちなみに上記の歌は一番のみで、『男一途』の歌は全部で四番まであります。

 

『男一途』は演舞と共に歌われる等、松濤館空手のテーマ曲とも言うべき作品です。

ブラジルへと渡った町田嘉三さんが松濤館空手を歌い継ぎ、リョートの入場曲「町田一族」の入場曲としてUFCで世界中へ発信されたという数奇な流れ…。

そこに、海を越えて継承された松濤館空手の力強い血脈を感じずにはいられませんね~!

 

# おわりに

全盛期を過ぎた現在においても『Bellator MMA』で闘い続けている歴戦の雄、リョート・マチダ

先日のロンドン大会にて『Bleed It Out』で入場している姿を見て、ブログに紹介したくなりました~。

往年の『男一途』『Bleed It Out』を組み合わせた入場はMMA史に残るカッコよさだと思いますb

UFCファイトパスでは入場曲は差し替えられていますけれども、あのカッコいい入場が世代を超えて観られて欲しいな~と思ったりするのでした!✨🐲✨オス!!!!

 

 

 

※過去の「MMA入場曲ぶらり旅」シリーズですノシ